人気ブログランキング |

ZEBRA LIFE  小腸NET患者の日々 zebralife.exblog.jp

小腸NETの闘病10年以上の患者の日常を綴ります。


by zebra_life
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

久々更新

久々の更新です。
高血圧に関しては、いろいろ検査をしたものの、原因がわからず。
心臓に関しては、再度、ホルター心電図、心エコーを受け、更に心臓のCTも受け、
血管もチェックしました。
軽度の動脈硬化は見られ、血管のあちこちに小さなコブはあったけれど、
それが発作等を起こす原因にはならないとのこと。
三尖弁も、若干動きは悪いけど、弁膜症というほどではなく、
このまま経過は観察はしていけば良いだろうと。
血管も若干細くなっている部分はあるものの
カテーテル等で血管を広げるほどのものではなく、
それで血管が詰まるという訳ではないので、これも原因としては考えられない。

実は、その後腹部大動脈付近に1センチ大の腫瘍が見られ、
それが副腎外に出来る褐色細胞腫であるとすれば、高血圧発作が起こることも考えられ、
実際にVMA(バニルマンデル酸)は、若干基準値を超えており、
それがカテーテルアミンの最終代謝物であるため、褐色細胞腫の可能性もあるようで、
褐色細胞腫のスクリーニング検査はしました。
ノルアドレナリンは基準値を超えていて、副腎外褐色細胞腫の条件には合っていました。
最終的にはMIBGのシンチも受けました。
結果的に、淡い集積は見られたけれど、それは神経内分泌腫瘍による集積と考えられ、
褐色細胞腫であれば、集積はもっと強いとのことで、褐色細胞腫の可能性は低いとのこと。

遠い昔、同級生の妹さんが20歳で高血圧が原因で亡くなっていました。
当時は、「20歳で高血圧?高血圧って高齢者の病気じゃないの?高血圧で若くして亡くなるの?」と
非常に疑問でした。
今思えば、褐色細胞腫による高血圧クリーゼで亡くなったと思われ、
自分自身が、高血圧発作が起こったときに、友人の妹さんのことを思い出しました。
今のところ、降圧剤で血圧は正常値に抑えられてはいます。

ところがところが、高血圧はコロナウイルスのリスクはあるようです。
血圧は正常値になっていても、降圧剤の服用がよくないようです。

病院への通院は電車は使わず、夫にマイカーで送迎をお願いしています。
2月、3月と、マイカー送迎して貰っていたのですが、高速料金・ガソリン代・駐車場代を
考えると、継続はしんどいですね。
特に、2月、3月と褐色細胞腫でまた別の病院へも行っていましたし。

そこで、家の近くの大学病院へ転院することにしました。
まあ、そこはあまり詳しいとは言えないけれど、コロナのことを考えるとやむなし。
NETで命を落とすことは仕方ないとあきらめている部分はあるけど、
コロナではあきらめ切れない。

今のPCR検査すらなかなか受けられない状況を考えると、とにかくコロナにかからないことが重要。
それには、自己防衛しか方法はない。

とにかく自己防衛は徹底しており、2月になってからは電車・バスは一切利用してないです。
スポーツジムも2月に入ってからは利用はせず、退会しました。
歯科治療も、高血圧になってから歯の痛みはあり気になるけど、歯科治療は高リスクだと思うので
利用していません。だって、患者は口をずっとあけて、削るときに唾や血液は飛びまくりなので、
椅子やライトとか、ほんとに危ない。
歯科医院も利用後はアルコールで拭いたりはしているだろうけれど。
それに、ハンドピースも前の患者の使い回ししている歯科医院が多い様です。
とにかく、リスクの高い施設は利用しないことが一番。
まあ、ガマンできない痛みとかあれば、行った方が良いけれど、
それ以外の症状であれば、控えた方が良いかと自己判断。

今までは、徒歩で2分の歯科医院に通っていたけれど、
今後は感染症対策が万全で、ハンドピースも患者毎に交換し、
滅菌していて、個室治療の歯科医院に行くことにします。
歯科医院って、歯科医が治療しやすいよう、間仕切りもなく
診察台が複数置かれている歯科医院が多いですね。
調べて、電車で1駅のところに、感染症対策が万全な歯科医院を見つけました。

私の場合、2年前に蜂窩織炎の再発が2度もあり、免疫力はかなり弱いなと自覚しているので、
コロナにかかったら、イチコロだろうな・・・と思ってます。
ほんと大変な時代になりましたね。

by zebra_life | 2020-03-20 16:19